willの効果的活用法

この前週間誌に、WILLはダイエットにとても良いと書いてあってあ、やっぱりなーと思いました。何とかに入隊するのも良いけど、とにかく激しいから今までなにもやったことがない人にはとてもついていけないのです。

やはりヨガなどの、ゆっくり筋肉を動かしながら維持するトレーニングが初心者には向いています。体のどこか痛めたらもともこもないですよね。

今日の運動。まっすぐ立って、足を肩幅より少し広いくらいに立ち、膝を若干緩めます。

さあ、腰を右へ、左へ押し出しましょう。なるべく頭がいっしょに動かないように、右・左。

膝は動いても大丈夫。連続で往復20回、やってみて。

| | コメント (49) | トラックバック (0)

お腹のぜい肉とりましょう

お腹はなかなか脂肪がついてもとれません。なぜか。それは、腹筋はそれほどよく動かすことができないからです。手、足はほんとによく動くでしょう。

でも、お腹だけを動かすのはなかなか大変。今、ちまたで、ベリーダンスが流行しています。

お腹を激しく動かす官能的?なダンスです。

あれだけ動かせばきっとウエストも細くなるはず。

ちょっとずつやってみましょうか。ぶるぶるぶる・・・。これがなかなか難しい。

やはりもっと取り込みやすい運動じゃないとだめですね。

ではひとつ、足をおおきく開いて左右の手を伸ばし、右へ、左へ手を交互に伸ばします。

10往復からやってみましょう。膝は少し曲げておきます。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

寒いと動けない

こんなに寒いと活動できない。お腹はすくので、しっかり食べる。それは体から熱がどんどん奪われるから。

ということは、こんな時こそ運動すれば結果はグッド!!

運動と思い込まず、家の中でも行ったりきたり、階段を上下したり、つま先で歩いたり。

イスにすわるつもりで、座らずにすぐ立つ。等々

でも、寒いからお腹すくからと食べすぎは絶対だめ。控えて控えて。

体はとても正直です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当の横隔膜呼吸

昔は腹式呼吸と言っていましたね。今は横隔膜呼吸といいます。

浅い呼吸ではなく横隔膜を大きく動かす、つまり深い呼吸のことなのですが、これが慣れないとなかなかできにくいようです。

それをわかりやすくするために腹式呼吸といっていました。大きく空気を吸い込むとお腹が膨らみ、ハーっとしっかり吐き出すとお腹がへこむ。これはつまり呼吸とともに横隔膜が上がり下がりするので、ふくらんだりへこんだりするように見えるのです。

ではどうすれば浅い呼吸ではなく深い呼吸ができるようになるか。いろいろとやり方はありますが、今の季節に分かりやすい方法をひとつ。

窓ガラスにハーっと息を吹きかける。そのとき低い声が出るような感じ。低音でハー・・・。

どうですか?お腹がひっこむのはわかりますか。連続でゆっくりとやってみてください。最後まで、体の中の息を全部搾り出してしまうようなイメージで。

鼻から吸って、ハー・・・・・と長ーくゆっくりと。横隔膜呼吸です。この呼吸を朝晩20回ずつ。ウェストが細くなってくることに期待しましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お気に入りのヨガの曲

最近新しいヨガ用のCDを購入しましたが、これがまたすごく良くてはまっています。

CDの題名はマントラの歌姫なんとか・・.

語りかけてくるような静かな曲です。ヨガは大きな深い呼吸で行うので、どんどんと沈み込んでいくようなイメージにぴったりです。

曲によっても、やる気になったり盛り上がりに欠けたり、それはヨガに限らずエアロでもそう。インストラクターは結構曲に気を使ってレッスンしています。

有酸素運動の一番しんどいであろう時くらいに元気がでるような曲がかかるともうひとふんばり!!と皆思うのですよね。

ちなみに私が落ち込んだ時に聞きたい元気が出る曲は、山下達郎さんの、「アトム」

です。ぜひ、聞いてみてください。落ち込んでいても、なんだかエネルギーがわいてきます。こういう曲をひとつはもっておきたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、一番関心のあるフィットネス

いろいろなフィットネスプログラムが次から次へとどんどん出てきますが、さて、どれがお勧めでしょうか?

私個人の意見として、ビリーなんとかは、相当体力に自信があって年齢的に若くないとお勧めしません。

というのは、動きが凄く早く、テンポについていこうとすると相当筋力も必要になってきます。今まで、なにもやったことがない人が、このDVDのスピードでやるとかえって無理な動きになったり逆にケガにつながる恐れもあります。

私のお勧めはウィーのフィットネスプログラム。CMでは野球の古田さんがバランストレーニングをやっているあれです。まずはあれくらいの運動からが長続きのコツ。

私は実際にやったことはありませんが機会があればぜひ、やってみたいと思っています。

最初は軽くからスタート。そして少しずつ運動量を上げていきます。もちろんダイエットのためには最初からカロリー計算も取れいれて。やってみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から再開

皆に背中を押してもらいやっと再開。本当にこしが重い。

皆が健康になるお手伝いを少しでもしなければ・・・。

また序じょにいろいろ運動の説明もします。よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

深層筋肉ってわかりますか

最近よく聞く、深層筋肉って、なにのことか、わかりますか。深層筋肉とは、体深部にあって、筋肉を動かすときに中心的に使われる、内部の筋肉のことです。体表面は表層筋肉、目で見て動きがわかります。深層筋肉はそれとは逆に目にはみえませんが、大きな表層筋肉をバランスよく動かす調節機能をもっています。ですから、いくら表層筋肉ばかり鍛えても、深層筋肉のバランスが悪ければ、筋肉を傷めたり、左右のバランスが悪かったり。つまり身体中央部分の体のバランスに大きく関係する筋肉です。ですから、右手と左足のバランス、またはその反対部分の強化。腹筋の内側にある、旦田のつぼ周りの筋肉の強化、(これはおもに横隔膜呼吸の時に使う筋肉)など、細かい強化になりますが、とても大事。ですから、最近はこのような深層筋肉強化のトレーニングが人気です。例えば、ヨガ・気功・ピラティス・太極拳など。ぜひおためしを。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

新フィットネスのお試し

最近観月ありささんもやっているという、新フィットネス、ブレートというのをやってみました。振動する丸い円盤状の台の上で、上腕を鍛える動作や腹筋、背筋強化動作などを、じk決められた時間をおこなうものです。全部で約20分から30分、一週間に2度ほど行う。確かに、確実にどこの筋肉を使うかがわかるので、効率は良い、マンツーマンだし。

一回2100円一度きりお試し、2回目以降は3150円金額的には高いです。4度ほど、お試ししてくれとのことなので、実験してみます。その結果は、またのお楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呼吸の大事

ダイエットに呼吸はとても大事です。息をとめてトレーニングを行うと、脳に酸素がまわらなくなり、たちくらみ、めまいなどを引き起こすこともあります。大きな横隔膜呼吸(腹式呼吸)をするとお腹の筋肉もしっかり使われ、胴体部分の保護にもなります。気がついたら日常生活の中でもどんどん横隔膜呼吸を取り入れてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ベータカロチンをとりましょう